カードローン使用は日本人に限らずに日本で暮らしている外国人の人にも必要な時があります。でも外国人はカードローン審査に受かるのでしょうか。

・永住権があるかないか まずカードローンと言っても銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンがあります。基本的には銀行系のカードローンの方が審査に受かりにくい傾向にあります。そして重要になるのは永住権の有無です。

 永住権を保持している場合は銀行でも消費者金融でもどちらのカードローン審査にでも申し込みできます。そして永住権を持っていない場合は銀行系のカードローンに申し込みは不可です。消費者金融系のカードローンなら大丈夫です。

 ですから、永住権があってもなくても審査に受かりやすいのは消費者金融のカードローンという事ができます。

・永住権が無くても審査にパスするためのポイント 
 永住権が無い場合はどのようなポイント押さえておけば審査に受かりやすいでしょうか。それは安定的な給料がある事。在籍確認ができる事。日本語の読み書きが可能である事。そして日本で長く暮らしている事です。

 この日本で長く暮らしている事に関して言えば、何を評価基準にするかと言うと2種類あります。まずはどの程度日本で暮らしてきたか、です。長く日本で生活しているという事は安定的な生活をしている目安になります。

 最低でも半年以上は日本での生活経験が必要です。またこれからあと何年くらいは日本で暮らすのかも審査ポイントです。あとちょっとで母国に帰る人にお金を貸す事はしません。

 最低でもあと1年以上は在留期間がある事が重要です。外国人が日本でカードローンを利用するには永住権がある方が有利です。しかし、無くてもポイントを押さえていれば消費者金融のカードローンについて審査合格する可能性はありますから試してみるといいでしょう。